Zenfone 3 で DSDS を試してみた

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

UQモバイルで購入したZenfone3で

デュアルSIMを試してみました。

1.格安SIM

今回2枚目のSIMに選んだのは、mineo です。

2.エントリーパッケージ

Amazonでエントリーパッケージを891円で購入。

エントリーパッケージとは、

  • Amazonランキング2016(SIMカード部門)第1位!
  • ドコモ/au対応SIM【対応端末数No.1】
  • 契約事務手数料3,000円が無料
  • 紹介キャンペーン実施中! (2016年11月1日~1月31日)
  • MNP(携帯電話番号ポータビリティ)対応
  • 新機能続々登場! (パケットシェア、ギフト、フリータンク等)
  • 最低利用期間なし
  • 「家族割」「複数回線割」で、毎月50円割 になるものです

 

私が今回契約したのは、

Aプラン(シングルタイプの3GB)です。

4.デュアルSIM

UQモバイルの microSIM と

mineo の nanoSIM を挿入します。

2枚ともと認識されました。

しかし、Zenfone 3のDSDSには制約があります。

ZenFone 3はIIJmioモバイルサービス タイプA(auの4G LTE対応SIM)でも利用できます。(VoLTEでの通話も可能)但し、タイプAのSIMは3Gでの通話・通信に対応していませんので、タイプAのSIMを3Gでの通話用として使うことはできません。

ZenFone 3はauのVoLTEには対応していますが、docomoのVoLTEには対応していません。タイプDのSIMで通話する場合、3Gでの通話となります。                                                       (出典: iijてくろぐ)

なので、

mineoのAプラン(4G)ではアンテナが「☓」になります。

VoLTEと4G のデュアルスタンバイはできないということです。

しかし、

データ通信は、SIM切替をして使うことができます。

私の場合は、

UQモバイル(1GB )+ mineo(3GB)= 4GB に

各々1GBのキャンペーン増量を加えた6GBが、

1980円 + 900円 = 2880円 で使えるようになりました。

(とくとくBBのモバイルルーターNAD11は2年到来で解約しました)

5.まとめ

・mineoの申込みは、「エントリーパッケージ」がお得。

・ZenFone3のDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)は制約がある。

 =音声DS(デュアルスタンバイ)は4G+3Gとなる。

・しかし、データ通信は、SIMの組み合わせ次第で、お得な運用が可能になる。

・iphone+モバイルルーターの人は、

   iphone+ ZenFone3(Android)への切替も一考に値する。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*