ヴェゼルで佛通寺に行ってみた

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

中国観音霊場第12番札所

紅葉で有名な

佛通寺に行ってきました。

1.巨蟒橋(きょもうきょう)

水墨画によくある中国の風景に似た岩山肌の山間道を、曲りくねった渓流に沿って山中に入ること、山陽道より約8キロ、うっそうと樹木の繁る佛通寺の門前に至る。巨大な千年杉の林立、あたり一帯厳しい禅刹の気魄が漂う。
御開山大通禅師お手植と伝えられる、羅漢槙の大樹の傍の巨蟒橋(きょもうきょう)を渡ると佛通寺山門。巨蟒橋はその名の通り、聖地の結界に巨大なうわばみが横たわり、仏法を守護せんとしているもの。この橋を渡ることで、偏(ひとえ)に身も心も清浄無垢になり、仏殿に修行を誓う解脱の門に等しい橋となる。
山門を入ると、仏殿が厳然と鎮まる。碧巌古松(へきがんこしょう)の参禅道場として600年の法灯の歴史を刻む、臨済宗の大本山である。
千年杉が亭々と林立する石径を上ると多宝塔と石仏の群、開山禅師の塔所・含暉院(たっしょ・がんきいん)は開創当時のただずまいを今に伝える。堂中には佛通禅師と大通禅師、両開山禅師の尊像が尚居ますが、如くに端坐して佛通寺の今日をじっと見守って居られる。

2.仏殿

ご本尊は、十一面観世音菩薩です。

3.石仏

4.御朱印

5.おまけ

ヴェゼルの記念距離メモリー

3333kmを記録しました。

<ギャラリー>

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*