宮島信仰の聖地「弥山」に行ってみた

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

安芸の宮島の最高峰。

標高535メートルの霊山

「弥山」(みせん)に登りました。

1.弥山とは

弥山は、大同元年(806年)に弘法大師・空海により開基されて

以来、平清盛や伊藤博文などの信仰を集め、数多くの足跡や伝説を

残しています。手付かずの自然は「弥山原始林」として、平成8年

(1996年)に厳島神社とともに世界遺産に指定され、点在する

奇岩怪石や史跡と相まって、素晴らしい景観を創り出しています。

2.宮島ロープウェー

弥山には、登山ルートもありますが、

「宮島ロープウェー」で空中散歩がオススメです。

「循環式」・「交走式」2種類のゴンドラを乗り継いで

山麓の「紅葉谷」から「榧谷駅」を経由して

山頂の「獅子岩駅」で下車します。

「獅子岩駅」から徒歩で弥山本堂を目指します。

かなり険しい山道なので

靴は「スニーカー」必須です。

徒歩約20分で弥山本堂に到着です。

3.古刹

<弥山本堂>

唐から帰国した弘法大師が霊地を探し求めて宮島に立ち寄った際、山の姿が須弥山に似ているところから弥山と名づけ、御堂を建て100日間の求聞持の修法を行ったところ。本尊は虚空蔵菩薩で、脇に不動明王と毘沙門天を祀ります。平清盛、足利義尚、福島正則などの雄将の信仰が厚かったと云われています。

<弥山本堂の御朱印>

<霊火堂>

弥山本堂の目前にあり、806年に弘法大師が修法を行った際の霊火が、1,200年たった今も「きえずの火」として燃え続けています。この火にかけられている大茶釜で沸かした霊水を飲むと、万病に効果がある、幸いが約束されると云われ、その場でお茶をいただくこともでき、ご利益を求めて弥山に登る人が後をたちません。

<三鬼堂>

鬼の神を祀る古刹で、福徳、智恵、降伏の徳をそなえた霊験あらたかな弥山の守護神。大小の天狗をお供に強大な神通力で衆生を救うとされ、家内安全・商売繁盛にご利益があります。伊藤博文の信仰が厚くたびたび参籠に訪れており、当時七千円の浄財を出して登山道を整備し、頂上からの景観を好んだとか。

<弥山展望台>

弥山本堂から三鬼堂の横を抜けて

奇岩や

絶景を楽しみながら

約10分登ると

弥山展望台に到着します

4.ミシュラン3つ星の絶景

弥山の登山道で

たくさんの外国人さん達と

とすれ違いました。

宮島に渡ったら厳島神社だけでなく、

弥山展望台で絶景を楽しみましょう!

「弥山(みせん)」は嚴島神社の社殿の背後にそびえる標高535mの山だ。天然記念物の弥山原生林は宮島の世界遺産の構成資産のひとつにもなっている。弥山展望台が「ミシュラングリーンガイドジャポン」(改定第4版)において三ツ星を獲得したのは2015年6月。山頂は遮るもののない360度の視界が開け、瀬戸内海の島々や四国連山までを見渡せる。

瀬戸内海にある727の島のうち142は広島県域にあり、弥山山頂からは英語でいうアーキペラゴ(Archipelago、群島)、瀬戸内海の多島美を一望できる。実は瀬戸内海という名は明治時代、欧米人が「The Inland Sea」と名付けたことに由来する。

また、弥山は単なる景勝地ではない。弥山は獅子岩など2つのビュースポットに加え、「くぐり岩」や「舟岩」などの奇岩怪石、弥山の七不思議に数えられる1,200年以上燃え続ける奇跡の炎「消えずの火&霊火堂」や嚴島神社の奥宮「御山神社」などのスピリチュアルスポットが点在する。

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*