ヴェゼルで湯平温泉に行ってみた

湯平駅

ヴェゼルで大分県の湯平温泉に行ってきました。

JR湯平駅

1.ここが凄いよ湯平温泉!

  • 800年の歴史ある湯治場である
  • 俳人種田山頭火が名句を残している
  • 男はつらいよ第30作「花も嵐も寅次郎」のロケ地である
  • 別府や由布院の喧騒とは真逆の閑静な温泉地
  • 風情のある石畳もありリアルに昭和の風情を味わえます

湯平温泉の開祖は、およそ800年前の鎌倉時代と言われています。

現在のような温泉街の骨格が出来上がったのが江戸後期で、湯平温泉の中央を流れる花合野川に沿って作られた坂道の石畳は、今から約300年前の江戸時代に工藤三助という人を筆頭に村民によって作られたのがきっかけです。

江戸時代に書かれた「豊後国志」にも記録が残っていることからも、当時から有名な温泉地だったことが分かります。

江戸時代には温泉湯治で訪れる客の多くは経済的な余裕のある富裕層や士分などの限られた人達でしたが、明治時代になり時代背景が変化していくと共に様々な制約が解かれ、大衆が利用できる湯治場として発展をしていきます。

その当時では医薬品なども普及しておらず、湯治が最高の療養方法とされていたこともあり、江戸時代初期から胃腸病に効くことが有名だった湯平温泉は次第に多くの湯治客が訪れる温泉地となっていったのです。

それ以来、湯治場としての発展を続けてきた湯平温泉は、大正から昭和初期にかけて、さらに大きな温泉地として全国的に有名になっていく一時代を築き上げます。

また、昭和5年には俳人・種田山頭火が湯平温泉を訪れ宿泊した際に、「しぐるるや 人のなさけに 涙ぐむ」などのいくつかの名句を残しています。

山頭火の句碑

現在も石畳通りの入り口と、湯平温泉街を見下ろす高台にある菊畑公園(湯平温泉街から徒歩で約30分)には、「種田山頭火句碑」が置かれ、この地を訪れる観光客の方々を見守っています。

その他にも、昭和57年(1982年)12月に公開された映画「男はつらいよ」シリーズ第30作目の「花も嵐も寅次郎」のロケ地にもなりました。

当時は寅さん役の渥美清さんをはじめ、沢田研二さんや田中裕子さんが湯平温泉を訪れ、撮影が行われました。

湯平駅ホームの寅さん思い出の待合室
待合室の中には寅さんのポスターや写真が展示されています
ロケ写真もあります

 

 

今でも映画の中で昭和の湯平温泉を見ることが出来ます。

2.おまけ <ギャラリー>

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*