自作パソコン Ryzen5 3600 を強化してみた

自作パソコン Ryzen5 3600 を強化してみた

2020年12月12日 0 投稿者: macfancy

今年の3月、初めて Ryzen 5 3600 でPCを自作しました。

Ryzen5 3600 でパソコンを自作してみた

自作したPCを強化してみました。

1.メモリー増強

メモリーは

G.Skill Trident Z RGB F4-3200C16D-16GTZRX

をオーバークロックしています。

G.skill F4-3200C16D-16GTZRX をオーバークロックしてみた

なので、

8GB×2枚から8GB×4枚にして32GBに強化しました。

4枚挿しても、

オーバークロック3200MHzで認識されました。

メモリ4枚挿すとカッコイイ!!

 

2.CPUクーラー増強

Ryzen 5 3600 のリテールクーラーは、

冷えが悪くて、光らないので、

光るCPUクーラー

Jonsbo サイドフロー型 CPUクーラー  CR-1400 

に変えてみました。

  • Intel・AMD両方のCPUソケットに対応。(Intelソケット:LGA775/1150/1151/1155/1156)(AMDソケット:AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2/FM2+/FM2/FM1)。AMD Ryzenにも対応しています。
  • サイドフローながら高さ126.0mmというコンパクトサイズで、同サイズのCPUファンの中でも優れた冷却性能を有し、Micro ATXやMini-ITXにも最適です。PWM制御対応のCPUクーラーです。
  • 電源コネクターのピン数:4ピン。RGBコネクターのピン数:3ピン。(マザーボードのRGB端子が4ピンの場合は、別途変換ケーブルが必要となります。本製品には付属しておりませんのでお持ちのPCのピン数をあらかじめご確認ください。)
  • 6mm径の銅製ヒートパイプを4本に増やしたモデルです。ヒートパイプがCPUと直接接することにより、CPUの熱を効率よく吸収します。ダイレクトコンタクトヒートパイプにより伝わった熱は、アルミニウム製の特殊形状フィンから効率的に放熱されます。
  • アドレサブルRGB対応。4本のヒートパイプがCPUを強力に冷やします。

銅製ヒートパイプによる強力な冷却効果。 CPUとヒートパイプが直接接する「ダイレクトコンタクトヒートパイプ」を採用。 コンパクトながら、高い冷却性能を発揮します。

3.まとめ

  • G.Skill Trident Z RGB F4-3200C16D-16GTZRXは4枚挿しでもOC可能。

  • Jonsbo CPUクーラー CR-1400 は綺麗に光って、よく冷える。

  • Ryzen53600 マシーンは、ピカピカ光らせても高性能。